東京芸能学園高等部

2014年6月27日14:46 10:00/STARTY Press(スターティープレス)

“不登校だった少女が、モデルとして活躍!”
“退学寸前だった少年が、ダンス日本代表に!”

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
通信制の高校で高卒の資格を取得しながら、ダンス&芸能の本格レッスンを受けられる学校
‐東京芸能学園高等部レポート‐
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

東京芸能学園高等部

■東京芸能学園高等部とは?
▼通信制の高校で高卒の資格を取得しながら、ダンス&芸能の本格レッスンを受けられる学校。
▼プロのダンサー、シンガー、アクター、モデル、タレントを目指す人材を育成。
これまで世界トップレベルのダンサーなどを輩出している。
▼入学者数は、ほぼ毎年増加。未来のトップスターが目指す、熱い生徒が通っている。

■東京芸能学園高等部の特徴は?
▼通信制の高校で高卒の資格を取得できることから、自分の殻を破りたい生徒も通う。
例)★中学時代に不登校だった少女が、本校を卒業してモデルなど人前で活躍。
★高校時代、退学寸前だった男の子が、本校へ転入して無事卒業しただけでなく、
ダンスの日本代表として世界大会の常連に。
★超進学校からダンスが好きで転入して卒業。

★例えばこんな取材ができます!
▼ダンスが必修となって数年、盛り上がりを見せるダンス学校とその授業を取材!
▼不登校だった生徒がモデルに!退学寸前だった生徒がトップダンサーに!その姿に密着!
▼週4時間の勉強で高卒の資格を取得!ダンスと並行して受ける通信制の学校と授業を取材!

■東京芸能学園高等部の詳細は?
▼小中高のダンス必修化から、ダンスに打ち込む環境が整う学校として人気に
▼芸能・ダンスの勉強は一日平均3時間
▼講師陣はダンスや芸能の第一線で活躍するプロフェショナルばかり約50人
▼高校卒業資格の勉強は一週間に約4時間程度・個別指導で行われる

■入学者数の推移は?
2007年度…3名(2007年4月開校)
2008年度…約15名
2009年度…約25名
2010年度…約40名
2011年度…約45名
2012年度…約65名(中学でダンス必修化)
2013年度…約38名
2014年度…約55名

■理事長
関口照生(せきぐち・てるお)※妻は竹下景子
理事長 関口照生
日本写真家協会会員。倉敷芸術科学大学客員教授。これまで浅丘めぐみ、名取裕子、かたせ梨乃、泉谷しげる、竹下景子など数多くの芸能人写真集を手がけ、世界の辺境を訪ねるTV番組の取材をきっかけに、ライフワークとして世界各地の取材を続けている。またNTV「Theサンデー」「ザ!情報ツウ」、TBS「ジャスト」などのコメンテーターとしても活躍している。

■卒業生
野中泰輔(長崎県出身/2009年3月卒業生)
卒業生 野中康輔
2007年に単身で上京し、世界最高峰のソロBATTLEイベントで、日本人初となる個人での世界大会での準優勝という偉業を成し遂げる。現在、日本で最も世界一に近いとの呼び声の高いチーム"ALL AREA"のメンバーであり、日本のBREAK DANCEシーンに影響を与える程の人物となっている。
<経歴>
スター☆ドラフト会議-第一回最強ダンススターGP 初代チャンピオン など

■卒業生
■MIRAI(埼玉県出身/2014年3月卒業生)
卒業生 MIRAI
高校生トップクラスダンサーとなり、現在はフィメールヒップホップクルーVIGOROUS LADIESに所属し、ティーンダンサーから絶大な支持を受ける。
スポンサーは、世界的スポーツブランドである、「adidas(アディダス)」の1カテゴリー、ストリートスポーツウエアブランドの「adidas Originals」。
<経歴>
JAPAN DANCE DELIGHTvol.18 特別賞
DANCE ATTACK決勝 優勝 など

東京芸能学園高等部


【本件に関するお問い合わせ先】

社名:スターティーインターナショナル株式会社 http://www.starty-in.jp/
東京都港区南麻布4-14-6バルビゾン34ビル5F

担当部署・担当者名:PR事業部・野村宛 / TEL:03-5798-8833 / FAX : 03-5798-8834